2011.07.05

ウイーンフィルを聴いた最初の日本人は?

 市長 医師 血液型研究者 軍人 

 依田 昌兮 (ゆだ しょうけい,まさや) (1861 文久元年7月13日〜1928 昭和3年9月4日)
 第5代熊本市長。 陸軍歩兵少将。 熊本県飽託群本荘村 (現熊本市) に生まれた。  実際に生まれたのは江戸八丁堀の浜町の細川藩邸においてであった。 父は熊本県士族 依田昌熾 (しょうし) 。  父が江戸詰だったので教育は東京で受けた。  陸軍士官学校を卒業後,新聞に載った依田の死亡記事 昭和3年9月6日付 九州日日新聞に「依田昌兮氏,東京で逝く」と題して載った。  これによると,明治16年12月歩兵少尉に任ぜられ,次いで陸軍大学校入学,メッケルの教えを受け同21年に卒業した。  同23年ドイツに留学,ベルリン大学で法律を学んだ。 1893年から1894年に至る冬学期をベルリン大学で法律を学んだ。  同27年帰朝。 第2軍参謀 (大尉) として出征,同28年陸軍大学校教官に任ぜられ,同34年1月 オーストリア公使館附武官となり, 同43年陸軍少将に昇進,同45年4月休暇特命となり,大正2年1月予備役を仰せつけられた。  その間参謀本部附歩兵第66連隊長,歩兵第36旅団長等を歴補し,日露戦争に出征し軍功あり功3級金鶏勲章並びに勲3等旭日中綬章を賜った。  大正 4 年 (1915) 1月 熊本市長に就任 (任期は大正4年1月14日から6年9月3日まで)。  熊本市役所に登庁したのが1ヶ月後の2月1日であった。  在籍中は水道問題の解決に努力したが,大正6年 (1917) 9月 在任中に辞職し,東京小石川表町に居を移した。  明治36年 鉄道線区司令官,明治37年 遼東守備軍参謀,明治38年 第4軍兵站参謀長,明治39年 陸軍歩兵大佐,明治41年 参謀本部内国戦史課長。  その後は茶道などを楽しみ,また依田家の系図の作成に従事した。  家系図は昌兮が曾祖父 昌民の手書きと見られる系図を検討して作成した。 享年68。 海軍少将の依田光二は実弟。  叔父に当たるのが依田昌言。  なお,依田家には代々昌の字のつく名前が多いが,これは1550年頃武田家の家臣であった依田源三郎筑後守が武田清信の曽祖父信昌の一字昌を拝領し昌種となり,その後昌の字を名前に代々使用している。  著に雑誌「太陽」明治42年5月1日 第15巻第6号 雑纂に「名士の墺洪国観 巧妙なる陸兵の配置」がある。

 安倍 仲雄 (あべ なかお) (1877 明治10年8月1日〜1942 昭和17年2月5日)
 秋田県初の医学博士。 内科医,南満洲鉄道医長。 秋田県北秋田郡阿仁前田村出身。  医師 安倍全庵の長男として生まれる。  秋田尋常中学校 (現 秋田県立秋田高等学校),第四高等学校を出た後,1902年(明治35) 京都帝国大学医科大学を卒業。  そのまま大学院で学び,同大学助手,助教授を務めた。  京都市衛生技師を経て1909年(明治42) には満洲に渡り南満州鉄道医長に就任。  数々の論文を著し,1910年(明治43) 医学博士の学位を得,1911年(明治44) 南満医学堂教授となる。  1912年(明治45) から1914年(大正3) までアメリカ,イギリス,ドイツ,オランダ,ベルギー,フランス,スイス,イタリア,オーストリア等の欧米諸国に遊学し,医療 衛生事情を巡察。  特にドイツにおいてはベルリン医科大学第3内科教室に1年余の間留学し,脳脊髄病の研究を行った。  1914年(大正3) に帰朝すると郷里の秋田県へ戻り,秋田市西根小屋町に秋田県初の医学博士として内科医院を開業した。  大正から昭和にかけて母校秋田中学校の校医も務め,また秋田県体育協会発足時には会長に就任するなど,体育 社会教育にも尽力し,1916年(大正5) 教育功労者として秋田県知事より表彰された。


 岡田 栄吉 (おかだ えいきち) (1872 明治5年〜1916 大正5年10月2日)
 医師,医学博士。 東京神田出身。 父,理学博士 岡田喜一の長男。  1899年(明治32) 東京帝国大学医学部卒業。 ドイツ,フランス,オーストリアに留学。  1905年(明治38)「末梢神経の血管栄養機についての実験的研究」ほかを以て医学博士となる。 岡田病院を設立。 45歳。  著書「近世医学叢書」「医学大辞書」「日本内科全書」「消化器病」「末梢神経背体及び脳疾患」「脳幹部神経膠腫標本供覧」 「通俗伝染病予防法及看護法」(閲 1906),「内科学纂録」(1911) など。  内閣公文書より 明治44年10月18日 「医学博士岡田栄吉外一名臨時脚気病調査会委員命免ノ件 」
  2011.7.23 追記 1904年(明治37) ウイーンの国際精神病學會総会で,日本の鍼灸治療を紹介した。

 田代 信徳 (たしろ しんとく / のぶのり) (1891 明治24年〜1964 昭和39年11月25日)
 日本大学医学部名誉教授。 父 田代 義徳 (長男)。 東京出身。 東京帝国大学医学部卒業。  1922年(大正11) ドイツ,オーストリア,イタリア,スエーデン各国を遊学。  1923年(大正12) 日本大学専門部医学科初代教授。 日本大学医学部名誉教授。 1927年(昭和2) 医学博士。  東京田代病院長。  昭和6年春 東京本郷1丁目で東京料理学校が開校,東京料理学校要覧「職員 特別講義講師 医学博士 田代信徳」。  昭和35年 大学院設置許可に伴って日本歯科大学は,それまで外科学総論の講義を中心にしていた外科は,内科と共に教室となった。  1960年(昭和35)〜1965年 日本歯科大学初代教授。 下谷医師会会長。 73歳。  長男の田代 公徳は,東京田代外科八重洲クリニック院長。  医学博士論文は「Ueber Aenderungen im Wassergehalte der quergestreiften Muskulatur als Folge der Storungen des Wasserhaushaltes von Kaninchen 家兎水出納障碍時での楔絞筋含水量の変化」授与 東京帝国大学 授与日 昭和2年4月23日。  著書「獨羅和譯ポケット醫學小辭典」昭和7年ほか。



 島峰 徹 (しまみね とおる) (1877 明治10年4月3日〜1945 昭和20年2月10日)
 明治 昭和の歯科医学者。  徹の父 島峰 悔斎は長岡藩医として戊辰戦争に従軍していたが,廃藩後は三島郡片貝村に居を移した。  医師の子として生まれ,明治25年 新潟中学入学 (私立長岡学校),金沢第四高等学校を経て,明治38年 東京帝大医学部卒業後,当初は私費で,途中からは文部省の官費でドイツへ8年間も留学して,歯科のあらゆる分野を学ぶ。  当時の留学生としては,異例の長さです。  1914年(大正3)12月 帰朝,のち東大歯科の講師になるが,教室の水になじまず,石原久教授との確執もあり,1916年(大正5) 40歳で文部省歯科医術開業試験付属病院 (永楽病院) の院長に就任した。  歯科医学の発展の為には,東大とは別個の学校を組織する以外に無いと決断した。  この病院を拡大発展させて,官立の歯科医学校を創立する構想を立ち上げる。  こうして,昭和3年に出来上がった官立の歯科医学校が,東京高等歯科医学校である (現 東京医科歯科大学歯学部)。  同校の創立に尽くし,昭和3年 校長となる。  1929年(昭和4)には「フェロー」と呼ばれる歯科医の中でも指導的な役割をはたす,日本にわずか3人しかいない国際資格を取得。  のちに国際歯科学士会日本支部 (IDC) の設立メンバーになる。 昭和19年 後身の東京医歯専の校長。  海軍軍医学校教授等を歴任。 1945年(昭和20) の敗戦を知ることなく同年 校長現職のまま死去している。 69歳。 新潟県出身。
 帝大医学部を見かぎった彼。  通常の医師は生命を扱う「高尚な専門技術者」であり,歯科医師は「口腔のみの専門職人」である・・・というような風潮は,明治期から大正期にかけての帝国大学医科大学 (現東大医学部) における徹底した差別意識から生じていた。
東京高等歯科医学校の講義風景
 大学や学会では相変わらずこのような差別意識が色濃く残っている。 当時の様子は,村上 徹著「島峰徹とその時代」より,  「歯科医師は医師としての機能を有せず,死亡診断書の下付ができず,口腔,顎の大手術ができず,全身麻酔,静脈注射ができず,医師免許なしにかかる行為をすれば起訴される」(島峰徹の第9回国際歯科医学会講演/1936年ウィーン)。  国立の本格的な歯科医学校の設置を文部省に働きかけ,1928年(昭和3) ついに東京高等歯科医学校が創立され,のち校長に就任。  しかし同校は「専門学校令」下に設置された教育機関であり,卒業しても「学士」ではなく「得業士」の資格しか得られない状況はまったく変わらなかった。  やがて日本が太平洋戦争に突入すると,陸海軍の軍医不足を補うために同校へ医学科が設置され,1944年(昭和19) に同校は東京医学歯学専門学校に改称。  戦後の1946年(昭和21),ようやく夢みた国立東京医科歯科大学として生まれ変わり再スタートを切るのだが,歯科医学の最先端をリードし始めるその姿を見ることなく,敗戦直前の1945年(昭和20) 死去した。  東流は雅号。 著書「歯と健康」(内務省衛生局 大正12 1923) ほか。

 三宅 良一 (1875〜1961)
 1869年(明治2) 長崎医学校に学び,眼科を専攻した。  1896年(明治29) 広島医学校助教授。  明治29年の初春,在京の呉秀三,富士川游,尼子四郎と共に相会して郷里のために学問的な寄与をしようと話し合い4月17日 東京神田仲町福田亭に47人の郷土の医師が集まり,芸備医学会の創立が企てられた。  東京で丙甲社を結成し,1896年(明治29) 芸備医学会 (現広島医学会) を設立すると同時に「芸備医事」(現広島医学)を創刊。  1898年(明治31) 富士川 游と共にドイツへ留学,イエーナ大学,ウィーン大学,ヴュルツブルグ大学で学んだ。  ウィーン大学で呉秀三と出会う。 1901年(明治34) ドクトル・メディテーネ (Doctor・Medicine) 学位を取得。  1902年(明治35) 仙台医学専門学校 (東北大学) 眼科教授就任,宮城県立病院眼科部長を兼務,予備役陸軍二等軍医となり,1904年(明治37) 日露戦争戦役召集のため辞任。  1906年(明治39) 台湾総督医学校教授。 広島で開業。  1934年(昭和9) 広島市医師会長(〜昭和11),1940年(昭和15) 広島県医師会長に就任。  岡山の留学生 坂田快太郎は美星町の生家に,筆まめな留学中に家族に出した手紙がある。  遠く万里を隔てた留学生活を事こまかく報告しており,強烈な思郷病 (ホームシック) に悩まされ,望郷の想いとともに家族への深い愛情がこもった胸を打たれるような哀歓に満ちた便りが多い。  1900年 坂田はベルリンから家族に「ドイツ及び墺国 (オーストリア) に在る日本人中,岡山出身の人を挙げれば,フライブルグに島村,桂田,ミュンヘンに西山,藤沢,シュトラスブルグに足立,ヴュルツブルグに三宅,松本,ハルルに岸,ベルリンには拙者と都合九人なり。  岡山万歳なり。  同級生には,ベルリンに大西克孝,ブレスラウに千葉稔次郎,ウインナに能勢靜太の三氏あり,同県人には以上の内,島村,藤沢 (笠岡在),能勢と同宿の山上氏位なり」(一〇月二四日) と知らせている。  また「今日,図らず三宅良一君が来て非常に愉快だ。…」(一二月二五日)

 松本 百之助
 ヴュルツブルグ大学内科に留学し,帰朝後は大阪で開業した。  岡山の留学生 坂田快太郎はベルリンから家族に「ドイツ及び墺国 (オーストリア) に在る日本人中,岡山出身の人を挙げれば,フライブルグに島村,桂田,ミュンヘンに西山,藤沢,シュトラスブルグに足立,ヴュルツブルグに三宅,松本,ハルルに岸,ベルリンには拙者と都合九人なり。  岡山万歳なり。  同級生には,ベルリンに大西克孝,ブレスラウに千葉稔次郎,ウインナに能勢靜太の三氏あり,同県人には以上の内,島村,藤沢,能勢と同宿の山上氏位なり」(一〇月二四日 1900年) と知らせている。

 岡村 竜彦 (おかむら たつひこ) (1870〜1947)
 日本皮膚科学会 東京地方会 第3代会長。 医学博士。 1898年(明治31) 皮膚病専門の学会を創立せんと企てた。  東京支会が,東京地方会となってからの初代の会長。  明治28年 東大医科卒,同29年 欧州留学,ウインナ大学にてカポシー教授につき皮膚科学を専攻,33年帰朝,神田西小川町に開業。  1901年 皮膚科及び泌尿器科雑誌に「皮膚病治療上にレントゲン光線の応用」を報告。  日本皮膚科学会名誉会頭。 白人会員。  著書「皮膚病花柳病雑纂」1911 明44.2,「岡村父祖事跡」1943,「皮膚科泌尿器科学体系21 爪の疾患」1939,「維納の話」(太陽 明治42年5月1日 第15巻第6号 雑纂 名士の墺洪国観) ほか。


大正6結婚 新妻ミツと

「血液型研究」創刊号
 石津 作次郎 (いしず さくじろう) (1887 明治20年年8月19日〜1955 昭和30年)
 血液型研究者。 大阪道修町の石津製薬株式会社の2代目社長 (石津作商店社長),幼名は貫一。  初代石津作次郎 (のちに徳翁と改名) の4男として誕生。  石津家の家業は化学薬品問屋で,父親の石津作次郎は1847年(弘化4) 9月8日,滋賀県に生まれている。  1908年(明治41) 10月に千葉医学専門学校薬学科卒業,明治45年2月 陸軍3等薬剤官に任命される。  1917年(大正6) 4月 家業を継承する (貫一 30歳)。 大正9年7月 貫一を作次郎と改名する。 経歴は多彩である。  1923年(大正12) 5月 株式会社「石津作商店」創立。  1924年(大正13) 7月〜14年3月 英,独,仏,伊,白,瑞,墺,洪等の欧羅巴諸国視察。  1930年(昭和5) 3月 大阪血液型研究所を設立する。  1931年(昭和6) 9月 彼が主宰する第1回学術講演会は大阪市東区船場小学校の講堂で開催された。  同年 10月 月刊雑誌「血液型研究」の創刊号を刊行する。  1932年(昭和8) 10月 日本学術協会第9回講演会並びに第36回九州医学会において「新血液型 M・N の遺伝に関する47家族調査実験 第1報」を発表する。  1935年(昭和10) 10月 東久邇宮稔彦王殿下 (当時第4師団長) に古川竹二の「血液型と気質」の内容を説明する。  昭和26年 社団法人西部試薬協会 第3代理事長。  「血液型研究」は昭和10年11月号 (5巻2号 通巻50号) で終刊になる。  定価は一応付いていたものの溝口 元(はじめ) (立正大学) によるとそのほとんどが献本だった。  その生涯でわが国の薬品業界に尽くした功績も大きいが,血液型心理学への貢献も少なくない。
昭和15 石津作次郎一家
 67歳。 著書「血液型研究」,「石津回顧八十年」(石津製薬株式会社および石津作商店の歴史 1959年 昭和34年4月)。
1934年第3回血液型座談会 左側

 雑誌「太陽」明治42年5月1日 第15巻第6号 雑纂 名士の墺洪国観 墺洪国の現在と将来 牧野 伸顕 (別ページ), 巧妙なる陸兵の配置 依田 昌兮 (別ページ),陸海軍の組織 隈 徳三, 洪国の欧州に介在し得たる原因 白鳥 庫吉,装飾美術の国 塚本 靖 (別ページ), 維納の話 岡村 竜彦 (別ページ) より,
 隈 徳三 (くま とくぞう) (1862 文久2年1月24日〜1923 大正12年11月18日)
 陸大卒,歩兵中尉。 陸軍主計総監,陸軍省経理局長。 墺駐在。 明治36年〜37年 陸軍経理学校 校長。 福岡県出身。  著書「墺匈国軍政規要 附・欧洲諸強国」明36.10。