□□□□□□ 越取ベースボール&フリートーク □□□□□□     2003.11.9


2001.8.22
本当のカミカゼはアメリカ人?

海外、特にアメリカ人から見た日本人の異常さはカミカゼと表現される
第二次世界大戦、飛行機もろともアメリカ戦艦に体当たりする、
特攻隊のことである。
しかし不思議な事がある。
大リーグの投手は強烈なピッチャーゴロ、ライナーを素手それも
利き手でとるのだ。少し間違ったら投手生命にかかわる。
日本人投手は絶対にしない。


2001.9.27
昔の英雄の話はいいじゃないの

私は今まで若者と話す時、一つの決め事があった。
絶対に昔のことは話さないことです。昔の事は若者には、わからない。
話が一方通行になり、若者は面白くない。私も若い時そうだった。
しかし今年の大リーグのオールスターゲームのカル リプケンと、
トニー ダウィンの引退セレモニーを見て考えが変わった。
日本では無いがアメリカでは過去の英雄をいつまでもたたえる。
過去の英雄をいつまでも伝えのこす。
いいことは実行しないと!
私は今後昔のりっぱな人、その業績は若者に話そうと思う。


2001.10.5
1点を取る野球、最近のベストゲーム

「1点を取る野球」高校の時の野球部の監督、小島先生のくちぐせ、
論文の題名です。
1−0で勝つ。どんな方法でもなんとか最小点、点を取らないと、
勝てないので1点をもぎとって投手を含めた守備で0点で守りきる。
ベンチのインサイドワークと選手のミスのない基本のプレーの勝利です
観客は、はなばなしい打ち合いとかを期待しますが野球を実際にプレー
してきた人間にとってひとつのミスも許されない緊張の連続で、
いわゆる両チームにとって最高のゲームなのです。
最近のプロ野球でめったにないのですが一例があります。
3年ほど前の阪神対中日、甲子園球場、雨のなか試合が始まりました。
先発は中日が誰だったか忘れたが阪神は今巨人にいるメイ。
試合が始まりメイは絶好調、中日打線は手も足もでません。
試合は阪神が1点の先取点、そしていよいよ5回表、中日の攻撃。
この回初めてのヒット1本が出てエラー、フォアボールなどで、
ツーアウト満塁。ここで雨が激しくなってきました。
阪神側はメイの調子がよく5回を終わらせれば勝利です。
中日側はメイの調子が良すぎるので中止を望むでしょう。
ですがここは阪神甲子園球場。グラウンド状態のよしわるしの
意見を審判に伝えられるのは阪神側です。阪神がこのゲームを中止に
することはないのです。ホームとビジターとはうんれいの差があります
ビジターはいろいろ制約があり試合前の練習時間もあまりありません
ユニホームだってそうです。ビジターはファインプレーをしても
目立たないようにグレーです。
さて試合はこのどしゃぶりで中日星野監督が審判に試合中止と猛抗議
しかしここで星野監督の抗議は中止ではなく、時間稼ぎでした。
甲子園だから中止はありえないとよんだ星野監督のとった行動は、
時間をのばしてメイの肩を冷やしてコントロールを乱すことでした。
この作戦がみごとに当たりメイは3者連続押し出しで3点を献上。
結果は阪神が毎回のようにチャンスで10安打を放ちながらも1点。
中日はワンチャンスをいかし計2安打で3点。1−3で中日勝利でした
毎回のピンチを守りきりベンチ全員で勝った中日、最高のゲームでした


2001.10.5
日本の野球を変えた男、種田 仁、高橋 由伸

日本の野球は元来アメリカのベースボールより、きたのですが、
もちろん日本固有の伝統、文化、習慣があります。 そのひとつに
「初球から打たない」ことがあります。初球を打って凡打だったら、
もったいない。ベンチがガッカリするとか。
消極的といわれても、おかしくありません。
これを打ち破ったのが最初種田(現横浜)でした。
タダ彼はうまく打てなく凡打が多く批判をあびましたが中日時代から
今も初球打ちの攻撃的な気持ちは変わってません。
二人目は天才高橋(巨人)です。彼が初球打ちの先駆者といわれるのは
打率がいいという理由ですが、本当は種田です。
やはり野球は打つ、守る共攻撃的でスリリングが一番ですね。


2001.10.5
さすが!大投手、江夏

阪神ファンは今も彼の姿を忘れられないと言います。 王、長島に対し
真っ向から勝負しバッタバッタと三振を奪いとった勇姿。
江夏 豊です。
彼のすごい言葉があります。
「野球をやるのに腹は前に出るのはいくら出てもいい。しかし
横に出たら終わりだ」
超一流の選手でも若い時と引退前の写真を比べると腰まわりが
横に出て切れが悪いとすぐわかる。
私も高校時代と同じ体重で腰の肉が横に出ないようガンバっている
さすが 大投手 江夏だ!!


2001.10.5
大リーグを変えた大スター、イチロー

イチローが打席に立つとアメリカ中の人の行動が止まります。
テレビ、試合にくぎづけになります。
今までの常識をくつがえす、あの内野安打です。
普通の内野ゴロがヒットになります。
相手の内野手はピリピリしています。
私がビックリしたのはセカンドが素手でゴロを処理しました。
こんな事、見たことがありません。
アメリカの野球ファンは一塁のアウト、セーフのきわどさにドキドキ。
もうひとつすごいことはアメリカ中がどぎもを抜かれたあの強肩です。
アメリカにも 今年の流行語 があれば「レーザービーム」
これに決定でしょう。


2001.10.6
バリー ボンズのすごさを2000年に知っていた

今大リーグで注目されているのはイチローとバリー ボンズである。
私はある程度今シーズン、ボンズが大リーグ年間最多ホームランを、
予想していた。
2000年の秋日米野球が行われ初めて彼の打撃を見てビックリ。
ふつうプロでも変化球、抜いた球を投げられると足腰でふんばるが、
体が前のめりになる。しかし彼はタイミングではなく体の前にボールが
来たら打つ。 人間技ではない。


2001.10.6
日米、野球史上、誰もやった事のない作戦

私は野球の経験があって基礎も学んできました。
野球史上、誰もやった事のない作戦をもってます。
今年、読売巨人軍関係へこの作戦を紹介するメールを送りました。
まだ返信はきてませんが、この作戦は野球のディフェンスを、
変えるものです。
他球団にも紹介メールを送るつもりです。


2001.10.6
プレッシャーに勝つ方法 くせ者 元木 大介


野球に得点圏打率というものがあります。
一例に二塁上にランナーがいて、この時打者が二塁ランナーをヒットで
ホームに返して得点できるかの打率です。
ランナーがいない時打たないが、チャンスになると打つバッターがいる。
巨人の元木です。 彼はランナーなしの時よりチャンスの方が、
打率が高いめったにいない選手です。
彼をテレビで見ていても打席に入る前、打撃中変わったそぶりは、
わかりませんが、何かやっているのでしょうか? ただいつもと同じ
ヤマははってます。プレッシャーを感じない性格かもしれません。
「プレッシャーでも普段の実力を出したい」
これは、すべての人が願望していることです。

大リーグでガムを噛んでいる選手がいます。
以前ヤクルト、阪神で活躍したオマリーという選手は自分の頭のサイズ
より小さめのヘルメットをかぶり頭を圧迫させるとプレッシャーが、
なくなり普段の力が出せました。
指揮者の小沢征爾はコンサートの始まる前、舞台裏で緊張の頂点に
なります。しかし指揮台へ行く直前舞台裏で、拍子木を打ちます。
そうすると緊張がサッととれ普段にもどれます。
私もものすごく緊張する性格ですが完璧ではないが一つの方法を、
持ってます。 大学のコンサートデビューのとき緊張におそわれ、
ステージ上でメンバーのいすが一個たらないので大声で、
「誰かいす一個持ってきてくれないか」
大声を出すことで緊張がなくなるのです。
こんな話があります。
今は亡き大指揮者ヨーゼフ カイルベルト。岩城 宏之とオーケストラ
の演奏旅行で自分の生まれた町でのコンサートの前に岩城に一言。
「なあ岩城この町の指揮はおまえが振ってくれ。ここでは、
緊張で手が震えて指揮ができないよ」

たくさん緊張する場面を経験して、その時自分でなにか行動をしてみる
そして緊張しない方法をさがしてみる。
これしか ないですよね。


2001.10.26
みなさん優勝おめでとうございます。ヤクルトの強さの秘密

今年のヤクルトのセリーグ優勝日本一は我々も評論家も予想しなかった
今年のセリーグの順位設定がまず有効と思われた。
最後まで隠れ1位で二番目にいて、みなさんもそろそろ落ちるだろうと、
思われただろう。それがアレヨアレヨ。そして日本一。
ヤクルトと巨人を比較してみた。
一流選手勢ぞろいのジャイアンツ。一流選手といえば古田、石井、高津
ペタジーニくらいのスワローズ。しかし総合力が上回ったという事です
攻撃の勝負のかけどころ。投手交代のタイミング。代打の起用、
監督、コーチ陣のすばらしい決断が成功しました。
一流を集めたって総合力にはかなわない。野球だけでなく、
いろいろな事にアピールできたと思います。
話は変わりますが若松さんて何か長島さんに似てるところが絶対あります


2001.11.21
イチローが教えてくれたアメリカの文化

日本とアメリカの文化の違いについての話です。
日本の戦国時代、武士はカタナを使用してましたが現代は使ってません
アメリカの西部開拓時代、ガンを使用してましたが、
現代も護身用に使っています。
やはりアメリカは合衆国、いろんな人種がいて他人を根底から、
信じてないみたいです。
そして文化の、ガンだけでなく他も、継承が上手な国と思います。
その点、日本は文化の継承はヘタです。
文化を継承していくには、元のままを残す事は難しいと思います。
やはり少しでも、その時代、時代にあわせていく必要があります。
日本の伝統が消滅していくのは、元のままを残そうという、
変な頑固さかと思います。
アメリカの大リーグ。
シアトルでのイチローの声援はすごいですが、 ビジターでは、
「イチロー スズキ」とアナウンスされるとブーイング。
敵地でイチローがファインプレーなんかすると大ブーイング。
しかしこの後、日本では考えられない事が起こりました。
ブーイングの後、なんとファン全員が相手のイチローに対して大拍手。
ファンの気持ちが勝負から人間的に、一人の人間のすばらしいプレーに
素直に変化反応しました。


2001.12.19
阪神球団の逆転満塁ホームラン

世間から球団運営に批判を受けていた阪神球団、結果がすべてだから
仕方ありません。
しかし今回は、すごい発案をし、それを実行しました。
もう後がない状況であったと思われますが、それにしてもすごい。
ダメでもともとと思っていたかもしれません
この発案は阪神ファンの大喜びを予想したと思います。
ただ中日ファンの動きには不安がよぎったでしょう。
阪神球団は先を読み取りました。
中日ファンも星野仙一さんの勇姿を見たかったのです。
これは星野さんがただ前中日監督という事だけでなく、今のプロ野球に
必要な人間の証明です。
中日の優勝もうれしいが、星野さんのパフォーマンスも見たい、
中日ファンもいると思います。
大リーグに人気を取られた今年、タイミングもバッチリでした。
ファンは日本のプロ野球に少なからず危機感をもっていたと思います。
名物監督が次々と球界を去る事もかさなりました。
長島さんもこの危機感に対して星野さんに監督就任をすすめました。
そして星野さんの人情深いところ。
この阪神球団の決断はプロ野球のみならず関西、景気の悪い日本を
活気づける2001年のビッグニュースです。
考えられる変化をあげてみました。
甲子園球場の観客増加およびこの影響を受けるすべて。
阪神vs巨人戦の盛り上がり。
甲子園の巨人戦以外のカードの観客増加。
ナゴヤ球場の観客増加。
中日vs阪神戦の盛り上がり。
各セリーグ球場の盛り上がり。
プロ野球中継の視聴率のアップ。
関西これより日本中の活性化。
 他にどんな事が起こるか興味深々です。
最後に、
野村監督家族の不祥事がなければ、こんな話はなかったですよね。


2002.1.11
さすが大リーガー

12月23日(13)NHKで「課外授業」という番組を見ました。
スターが何十年ぶりかで母校の小学校へ行き、そこで課外授業、
先生をするという番組です。
この番組で、すばらしい話がありました。
以前このホームページに載せたプレッシャーにどう対応するか
という事です。
彼はピッチャーです。
「自分はとても160Kmの剛速球は投げれない。130Kmそこそこだが
十分やっていける」
コントロール、配球しかないが、彼はどんな時でも自分の力を
100%出す方法を知っていました。
自分を自分で、その場その場でコントロールできると言うのです。
まず生徒に50mを走ってもらいタイムを計りました。
2回走ってもらい最初は笑顔で、次に怒った顔で。
するとどうでしょう。
ほとんどの人が笑顔の方がタイムがいいのです。
怒ると体に余分な力が入るのです。
次に自分で自分の手の温度を上げれるという事です。
開いた手に意識して力を入れると全員、手の温度が上がるのです。
電子サーモ温度計が変化します。
そして、
緊張すると心臓がドキドキし、脈が上がります。
脈拍計をつけ普段の脈を計り次に深呼吸を数回すると何と脈が、
下がるのです。
最初はいてから吸うのです。
最後に的当てです。一人3回ずつ狙って何回当たるかです。
2度目は投げる前に深呼吸を数回して投げます。
そうすると当たる確率が各段に上がります。
彼は授業の終わりに教室で自分の投球のビデオを生徒に見せました。
確かに投げる前に深呼吸をしてます。
「みなさん。それぞれの人生にこの方法を使ってみて下さい。
これで授業を終わります」
彼こそは、アメリカメジャーリーガー、
シアトル マリナーズのピッチャー長谷川滋利です。


2002.4.24
器もちがうアメリカメジャーリーグ

2002年、今年もメジャーリーグが開幕した。
昨年よりテレビで見ているが思う事がある。
器=球場の事である。
当たり前の事だが、お客さん最優先が常だが日本の球場はおかしい。
日本はファールエリヤが広すぎる。
アメリカはウェイティングサークルのまん前に観客がいる。
イチローのバッターボックスに立つ直前の表情が目の前で見られる。
守備陣もすぐ近くで見られる。 観客がプレーヤーと一体になれる。
日本はほとんど人工芝。ほんの一部が葉が短い芝生。
この環境では選手はケガを恐れて思い切りプレーができない。
アメリカはこうではない。
葉の長い芝はジュータンみたいで選手は思い切りプレーができる。
超ファインプレーがうまれる。
観客が大喜びする。


2002.6.10
FIFAワールドカップ 日本vs.ロシア

野球でなくサッカーです。
私のホームページにサッカーのジャンルがないので、ここに。
日本中がひとつになった、すばらしい試合でした。
中田英寿のプレーに感動した。
彼がこんなにシュートを打つのは見たことがない。
今までゴール前では彼はなかなかシュートをせず、
後方にパスをしていた。
試合前テレビのアナウンサーが中田のインタビューを伝えていた。
「今日の試合は自分がドンドン得点にからんで行きます」
彼としてはすごいチャレンジだったと思う。
彼は司令塔としての才能はあるが誰が見たってストライカーではない。
ゴール前ではシュートを打てないのだ。
シュート力はあるのだが、プレッシャーに弱い面があるのか?
ストライカーはほんの、ひとにぎり。カズやゴン中山。
前のワールドカップでカズを代表に選ばなかった岡田監督。
今回トルシエ監督は年寄りでフルに動けないが短時間でも、
ゴールを狙える中山を選出しました。
ストライカーとは例えば巨人の元木のようにプレッシャーの中でも、
自分の普段の力が出せる数少ない人間です。
シドニーオリンピックで一人だけPKをはずして日本が負けて、
日本中をガッカリさせた中田。
そのあと彼はセリエAでもしばらく控えにも入れない日々が続きます。
2002年6月9日、彼はものすごい意思で試合にのぞみました。
シュートの連発。
入る入らないは問題ではありません。
彼自身のチャレンジです。
彼はシュートを打てる人間になったのです。
もちろんこれによりチームも活気づき1対0の勝利でした。


2002.7.30 
アメリカ人がサッカーに盛り上がらない訳

メジャーリーグとサッカーを比較してみると、
ホームランを打ってバットを上へ放り投げた新庄は、次打席
まともにボールをぶつけられた。
日本のホームランを打ってのガッツポーズ。
こんな事をしたらひとたまりもない。
ピッチャーのガッツポーズも同じだ。
マリナーズが大量リード、9回にイチローが盗塁。しかし、
盗塁と公式記録に、認められなかった。
前に書いたが、ビジターでイチローがブーイング。しかし、
超ファインプレーをすると敵地でも観客全員が
スタンディングオベレーション。

これは、アメリカ人が人間に敬意を払っている証拠である。
勝負の世界、いやいろんな事でも相手をうちのめす事がある。
しかし、相手も同じ人間、うちのめした方はうれしいが、
態度に出すなんて侮辱に等しい。 ゲームが終わればいいが。
ゲーム中、ゴールをして、あのパフォーマンス。
アメリカ人はサッカーを好まない。


2002.9.10 
ワールドカップが終わって

日本を興奮、熱狂させた2002年の最大のイベント、ワールドカップ。
この大会で一番感動した記事があった。
日本人はみな幸福である。
あるチームの選手の言葉より。
「日本は幸せな国だ。私の国では毎日カエル、ヘビを捕まえて、
食べて生活している」
地球上の全ての人が忘れてはいけない事だ。


2002.9.10 
スポーツ万能、ダイエー秋山

ダイエー秋山選手が引退する。
彼は日本のプロ野球選手とは少し違うと以前から感じていた。
あの日本シリーズでホームランを打った時のバク転。
日本の選手の特長は、あるひとつのスポーツしかできない。
野球はできるがあまり泳げないとか。
アメリカ人は違う。どのスポーツでも、ある程度のレベルで、
その中で野球を選んでやっている。
彼はどんなスポーツもできる日本では異例の野球選手である。
バク転ができるという事はスポーツ万能の証拠です。
私の高校時代、バク転ができるやつがいて、彼は野球をやった事が
ないが、ものすごいスイングで何か違ったものを感じた。
秋山選手は嵐、カミセン、ジャニーズジュニアと同じ、いやそれ以上に
運動神経、リズム感がいいかもしれない。


2002.9.19 
今年最大のスランプ 三冠王へ巨人松井

9月12日から9月15日、松井選手が悩みに悩んでいる。
事件は9月11日ナゴヤドームである。
8月に川上憲伸に東京ドームでノーヒットノーラン。
このあと松井選手は絶好調でホームランの連発。
相手投手も敬遠のフォアボールしかありません。
そして9月11日、相手はノーヒッター川上憲伸。
この日、巨人は、またも0敗。絶好調の松井選手もバットの先で
つまったライト前ヒット1本しか打てませんでした。
この精神的ショックは相当なものです。
今年、三冠王を狙う最高のバッターが、またもやられてしまいました。
最高のバッターが打てない投手がいる。
技術的でなく精神的に落ち込んだ松井選手。
絶好調がこの日を境に大スランプになりました。
 (尚、9月16日東京ドーム横浜戦でドーム天井直撃の160m級の
  特大ホームランを打ちました。
  これで普通の自分にもどれましたね)



2002.11.1 
どうしたイチロー、メジャーのすごさ

今年イチローの首位打者の記録が止まった。
取れなかった理由は、
あの内野安打が、めっぽう減った事です。
昨年の内野安打数があれば今年もタイトルを取ったでしょう。
対戦相手は作戦を変えました。
ピッチャーは勝負球にほとんど高めの剛速球を使ってきました。
浮き上がってくる剛速球にはダウンスイングとバットスピード
しか対応できません。
バットコントロールだけのイチローはほとんどフライ。
ゴロが打てませんでした。



2002.11.1 
なぜ?パの王者 西武ライオンズ

巨人が球団史上初の日本シリーズ4戦負けなしの優勝をした。
西武は1勝もできなかった。 要因として、
巨人は普段の野球をした。西武は普段の野球ができなかった。
送りバントができない。内野手のミス、エラー。
一番感じたのが、
パリーグ全体なのか西武投手陣だけなのかわからないが、
高低の中途半端なコースばかり。
今シーズンからの高めギリギリのストレートがない。
そしてワンバウンドする落ちる球もなかった。
落ちる球はあったがキャッチャー前のワンバウンドはほとんどなし。
セリーグではキャッチャーがワンバウンドを取るのに必死。
これではパリーグで通用しても下位打線がない巨人重量打線には、
絶対通用しない。
西武投手陣は初めて経験するこのスゴイ打線にドギモをぬかれた。
少しでも気をぬいたら、それこそエジキとなる。
セリーグのピッチャーの苦労、あの制球力には程遠い。



2003.1.21
悪いのは まわりだ!!
平成の大横綱貴乃花が30の若さで引退した。まだこれからという時に。
体の痛みは本人しかわからない。
あと1,2年でも休養して再起してほしかった。
まわりがひどすぎた。
相撲審議会、相撲協会、ファンが早く出ろ出ろと。
まわりは横綱の体の痛みがわからないから本人にまかせて、
優しく待ってほしかった。
引退を早めたのは審議会、協会、ファンの責任だ。
横綱の勇姿は二度と見れない。



2003.3.31
また野球が変わった。
2003.3.28巨人対中日。びっくりした事が起こった。
中日アレックスのあの肩だ。
今まで肩の強い外野手はイチロー、新庄(彼らは大リーグでも最強)
だがそれ以上だ。あんなすごい人間がいるなんて。
日本人はこの日驚いたが彼は8年ずっと大リーグでやってきた。
去年はアナハイム エンゼルスにいて世界一になった。
運悪く毎年4番目の外野手、控えでやはり守備が良く8,9回から
出てくる。
アメリカ人は彼の肩の強さをしっていた。
試合中アナウンサーがイチローの「レーザービーム」を絶賛してたが、
「イチローもいいが、もっとすごいのがいるよ」と思ってたのだろう。
なぜ彼の肩が日本に今まで伝わらなかったのだろう。
想像すると、
レギュラーでない。8,9回しか出ないので常時肩を見せれなかった。
今までも日本の新聞で紹介されてたが、ただ「肩が強い」だけで内容が
伝わらなかった。
やはり物事の基本 「実際に、見てみる」
納得する話もあった。守備要員なのに高給とり。
彼が日本に着たのはプレーボールから出たいからと言っていた。
大リーグ10年の年金支給をけって。
エンゼルスも控え選手だが絶対トレードで出さなかった理由がわかる。
バックホームの時、相手ランナーは途中で諦めて3塁で止まってしまう
谷繁がいつもは「スルー!」だがランナーが諦めてしまうので、
「カット!!」
カットマン、クルーズがボールがすぐ戻ってくるし、
普通でない谷繁の「カット」に振り回されて、あたふた。
マウンド上で飛び跳ねていた。笑ってしまった。



2003.5.12
何がおかしいの?4番立浪

プロ野球評論家は口をそろえてこう言う。
ドラゴンズの立浪は4番の器ではない。
これはおかしい。
彼は中日の顔、選手会長でチャンスに強く得点圏打率も高く打点も多い。
山田監督も4番不在で嘆いていると伝えられているが本当は真の4番は
立浪と思って納得して起用しているのでは。
世間の悪いところのひとつだが評論家達は
小笠原(日ハム)清水(巨人)福留(中日)らは今までになかった1番の
スタイルと絶賛している。
評論家達は偏見があり体の大きさとかホームラン数で、
4番と決めているのでは。
立浪は今までにない4番のスタイルで打ちまくっている。




高校の野球部のメンバーです。
下段左が私です。
ピッチャーをやってましたが肩がおかしくなりました。
プロの一軍のベンチに入りたかったです。
このころはシゴキの時代で、私も声だしでノドの声帯をつぶし、
こんな声です。 一番右が小島先生で野球の基礎をたたきこまれました
東都大学リーグで首位打者をとった人で論文は「一点を取る野球」です

このホームページを読んで下さったみなさまに感謝の気持ちで、
いっぱいです。 ありがとうございました。
今後も更新していきますので、またお待ちしております。
みなさんの意見も聞かせてください。

越取

(旧版)桜台高校忘年会ホームページ
HTML表現ソフトの「戻る」ボタンで戻って下さい。