体力測定                                   2009.6.28

若い頃は運動能力はよかった。とはいっても典型的な日本人で、ある
スポーツ球技しかできない。スポーツ万能ではない。スポーツ万能な人
間はバク転まがいなことができる。アメリカ人はその点違う。普通ひとつ
の競技をするが他のスポーツをやってもうまい。
若い時はどんなに寒くても防寒着は必要なかった。しかし27歳より寒さ
が身にしみて着用するように。 生まれて初めて年をとったと感じた。
そして現在はオジサン。
運動能力の表現は文字、言葉ではあいまいだ。自分で勝手に能力がい
いと思っているだけで現実は違う。数値で表さないと。
平成8年初めてジムで体力測定をした。学生時代ほとんど評価5が無惨
な結果となった。垂直跳びなんて70cmは軽く飛んでいたのに。以前から
の体形保持(大投手、江夏の言葉。現在も高校時代と体重は変わらない)毎日の運
動は続けていてもこの結果だ。
 (毎日の運動:腹筋50回、腕立て伏せ100回、上体後ろそらし20回、腕振り250回、
  体側伸ばし40回、上体ひねり60回、スクワット50回、空手突き20回。以上20分くらい
  週に2回ダッシュ)

反射神経(F1中嶋選手の言葉。反射神経より集中力だが高い反射神経能力がないと)
敏捷性はプロ並みの0.2秒台だが0.3秒台が続くようであったらモータース
ポーツをやめようと思っている。自分はいいが他人に危険を及ぼす。
それからある保険会社のデータ、数値で体育系の人間のほうが成人病
にかかりやすい。自分は体力はあるという過信です。
冬はコートなしマフラーのみで出勤して体を鍛えてますが寂しい現実です。

柔軟性 立位体前屈(cm)平衡性 閉眼片足立ち(秒)敏捷性 全身反応時間(秒)筋持久力 上体起し(回/30秒)瞬発力 垂直跳び(cm)持久力 エアロバイク(L/分)
H813.5 評価439 評価30.286 評価519 評価365 評価52.62 評価3
H1011.0 評価346 評価30.301 評価521 評価355 評価43.13 評価4
H1116.0 評価458 評価30.291 評価522 評価456 評価43.55 評価5
H1214.0 評価4135 評価50.303 評価523 評価452 評価42.72 評価3
H1316.0 評価496 評価40.311 評価424 評価548 評価33.29 評価4
H1414.5 評価456 評価30.294 評価523 評価5今回より廃止3.14 評価4
H1514.5 評価497 評価40.293 評価522 評価4 ―2.94 評価3
H1619.0 評価554 評価30.303 評価523 評価52.33 評価3
H1716.5 評価428 評価30.288 評価522 評価53.39 評価5
H1813.0 評価429 評価30.287 評価522 評価52.70 評価4
H1917.0 評価543 評価30.299 評価523 評価52.13 評価3
H2014.5 評価446 評価30.281 評価524 評価546.1(ml/kg/分) 評価5
H2111.5 評価456 評価40.268 評価523 評価539.6(ml/kg/分) 評価4
H2314.0 評価431 評価30.277 評価523 評価556.0(ml/kg/分) 評価5
H20年度 スポーツジムよりの総合アドバイス
「あなたの体力は、最高クラスで大変優れています。 しかし、体力プロフィールからみると、要因別に少しばらつきがみられ、 とくに平衡性は劣っています。 係員と相談の上、バランスのとれた体力になるよう努めましょう。」

H21年度 スポーツジムよりの総合アドバイス
「あなたの体力は,大変優れています。 体力プロフィールからみても全ての要因で優れており,申し分ありません。  このままの体力が維持できるよう努めましょう。」

BACK

2010.07.28

 H 22年度 体力テスト結果
 数年前から始めた競歩と,最近始めたシャドーピッチングによるものか,約 30 年ぶりに 1 番を取り,学生時代一度もなかった成績オール 5 でした。  最高 5 ランク以上に,更なる測定数値の向上が,今後の課題となりますが,もう既に来年体力低下の恐怖心が湧いてきました。



2011.9.19 H23年度 2011
 体力低下です。 体力測定テストを受ける時点では,腰から下までは普段の生活においても痛みがあり,歩くのもままならず, よってひざと足はガタガタで上表のように前屈と片足立ちができず,と理由にはなりません。