我家の環境対策                                  2003.11.3

会社で最初に分別用ゴミ箱の設置、省エネコピー機の設置、自動販売機の紙コップの業者さんへ
の回収依頼、電気設計部が驚いたコンデンサ入力電流を考慮した省エネ蛍光灯、ゴミの重量計測、
コピー機の空トナー容器の回収、エネルギーデータの収集、紙コップの小型化でゴミ削減、コピー
用紙の古紙率100%白色度70%他いろいろやった。
会社も遊びも家庭も、やる事は全て同じである。
失敗を恐れない、やり方を変えてみる。・・・
ただ環境問題は難しい面がある。
以前、本で名前は不確かだが「本当に環境対策か」とかいうのがあった。
例えば、紙コップをやめる。これによってゴミの再生不可ゴミが削減できる。(紙コップは内側
に液体が入り漏れるので数ミクロンのビニールが張ってあるので再生ゴミではない)
そしてマイコップにする。しかし毎日洗うだろうから洗剤、水を使い生活排水が増大する。
どちらが環境にやさしいかは時間をかけて勉強すればわかるだろうが。
もうひとつ、環境イコール節約ではないという事。お金がかかっても実行すべきである。
環境対策に省エネルギーがある。 紹介します。

1.家の電球を10ヶ所位、全て蛍光灯電球「パルックボール」にした。1個の消費電力100Wから60W。

2.玄関外灯を時間差消灯スイッチにした。玄関入り口が2階にあるので暗い時や夜、階段歩行は
  危ない。お客さんが出て行ってもすぐには消さない。OFFにすると1分たって消してくれる。
  消し忘れがなくなる。  


3.風呂にあるシャワーをボタンで出る、止まるにできるシャワーハンドに変えた。
  商品名はTOTOの「クリックシャワー」
  新聞、雑誌に家庭で水の使用量の多さの1.2位は洗車とシャワーである。
  よって、これを削減すればいい。
  すごい機能だ。みなさん、事故でカラン(水栓機器)がはずれたら手でおおっても無理。
  家中が水びたしになる。水の圧力はすさまじい。それを軽くボタンを押すだけでやってしまう。
  ちなみに最近なんでもパソコン用語が使われる。マネをして何を考えているのか。
  「クリックシャワー」。料理店の「バリバリコース」。薬、ガムの商品名に「XP」


4.車のボディに「ペイント シーラント」
  2003年2月頃、安い新車を買った。その時迷ったが三万五千円くらいで契約した。
  新車到着時1回の「ペイント シーラント」を上塗り。後は水洗いなし。
  保証もしてくれる。ショッピングセンターの大駐車場でまわりをみてもマイカーは光っている。
  画像は車体左側後方ガラスに貼ってある施工済みシールだ。
BACK