我家の安全対策                                 2003.11.4

厚生労働省のお荷物。それは建設業だ。事故数、死亡数が全産業の過半数を超す。
建物は高層化した。建物内部の工事は各階床があるので墜落しても、それほどでもない。
しかし建物外壁の工事は一般に9階建てのビルで地上30メートル以上。
墜落したらご想像の通りだ。この作業をするには外壁に足場が必要だ。
しかし建物は英語でArchitecture。Art、芸術性があり世界でただひとつだ。
同じ建物でも地盤、敷地面積他(例えば庭のデザイン)の関係で足場の形状が違う。
よって足場はすぐ形状変化に対応する為、仮設となる。
仮設はすぐに組み立て、解体ができる反面、素人でもさわれる。安全設備を無効にできる。
造船業、自動車製造業はこうではない。すべてユニット化されていて安全だ。
もうひとつは重機のはさまれ、接触がある。力士、プロレスラーでもクレーン、杭打ち機、
ショベルカー、バックホウ、ロードローラとけんかしても負ける。
以上2点「墜落」「重機のはさまれ、接触」が建設業事故の多さの1,2位をしめる。
事故は絶対なくならない。なくす方法はひとつある。作業をやめる。これでは社会生活が成り立たない。
こんな経験がある。
まじめな重機の運転手。作業前に毎日、重機点検した表を提出(法定)
みなさんはマイカーに乗る時、使用前法定点検をやってますか? タイヤを目視、全ランプの点灯他。
ある日、自宅のガス栓の元栓を閉たかどうかで心配していた。
その日は重機作業前点検表提出なし。
おわかりですね。家のガスの方に気を取られて仕事どころじゃないのです。
勤務時間だけではなく勤務時間外もゆとりが無いと事故が発生する可能性が増えます。
「安全」 読んで字のごとし、「全て安らかに」。 こんな人いません。よって事故はなくならない。

工事終了後の建物は安全だ。 これ以外の安全対策を述べてみた。

1.車の運転席シートの位置はブレーキペダルが踏み込みやすい所へ。
  kositori MotorSports homepageにも書いたが、どの自動車の本にもシートは長時間運転の疲労軽減
  の対策だ。ヘッドレストの位置は別として、ステアリングをつかむ腕の肘の角度とか、
  太ももの圧迫の低減とか。
  安全、交通事故、歩行者への配慮を考えれば、やはり何か起こった場合の対策として
  ブレーキペダルが踏み込み易いシート位置が最優先と思うが。
  疲れたら運転をやめて休めばいい。

2.流し台の照度はめいっぱい。
  包丁を持つことは危険だ。調理で怪我をすることは一般的である。
  だけど怪我はなくしたい。 対策として照度をあげる。 
  画像はなんと20Wの直管型2本である。 世の中にこんな物あるとは。 
  偶然、松下電工のカタログを見ててみつけた。 数はない。
  年をとると目が見えなくなるので、たいへんだ。
  私は料理は作れない。だがたまに包丁を使う。 これがキッカケである。
  まな板の上の照度はよく晴れた自然光より大きい。ルックスメーターは2000Luxを示す。
  ちなみに事務所の照度は労働基準法、JISS規格で500Luxだ。
  

3.とりあえず消火器
  世の中、火事に対する対策として、言い合わせた様に消火器。
  しかし、もっと大事な基本的なことがある。
  私は消防設備士、危険物取扱責任者の資格をもっているが、もっていない人とかわらない。
  資格をとるとき勉強したが今は全て忘れた。 ただ中学校で習った事で、
  物が燃える条件は、
   ア、酸素がある事   イ、適当な温度   ウ、可燃物がある事
  アは無くせない。自身が窒息死してしまう。
  イは一般的に無理。点火温度を変化できれば燃えない。しかし冷凍室は一般にない。
  ウが一番大切な事だ。 可燃物をなくす、遠ざける、注意する。
  消火器は次の対策だ。二次対策である。
  
BACK