2011.09.19

 我家のアンテナ 2



上2枚の画像は新品に取替え,欲張って岐阜チャン受信用も新品新
設したところ 上部より下へ津局向けヤギ最高性能パラスタックアン
テナ,地元瀬戸タワー向け全長約 1.8 m あるヤギアンテナ,岐阜局
向け同上アンテナ 方角は津が南より西へ約30度,岐阜が北より西
へ約10度です。 マスト下部にあるのはブースター(電波増幅器)です
 2011 H23年7月24日,テレビアナログ放送がデジタル移行されました。  国民の皆さんが多大な出費となり,私は片山総務大臣の移行当日の会見で初めに語った「国民の皆様に多くの出費をして頂いて誠に申し訳なく思っています」,この言葉に少しの怒りは収まり納得をしました。  我家の地デジ化は移行日より数年前より進めていて,アナログテレビよりハイビジョンテレビへの買い替えです。  我家のアンテナ設備は,幸運にもアナログ電波塔と地デジ電波塔の方角はあまり変わらず,調整なく現状のまま受信,視聴ができました。  ところがです,アナログ放送で視聴できていた「三重テレビ」が視聴できなくなって困ってしまいました。  これより地元総務省東海総務局へ出かけ,コンピューター視聴エリア作図をしてもらったら,ギリギリで何とか可能か否かとの事,塔の高さと自宅周囲高さも表示されており,これは電子通信工学に良く出てくる物,三重テレビ電波塔は地デジ化になっても同じ安芸郡長谷山電波塔,アンテナの向きは今までと変わりません。  また,三重テレビに電話をかけ,電波出力増大を要求するも,デジタルは直進性が良いので,アナログより計画的に出力減としても問題なく,これ以上出力を上げる予定は無いとのこと。  総務省管轄の財団法人の受信エリア情報は,この地方はカバーしていません。  1 年くらい前に業者さんに家の屋上に昇ってもらい見積を取ったのですが,その時も「三重テレビはやってみないと分からない」。  これは多額の費用を出費しても,水の泡となる意味です。  これより受信エリア外,津局安芸郡長谷山テレビ塔まで我家より 65 キロ,100 %ではありませんが,諦めました。
 24日より近所周囲のアンテナをふと見れば,どこもがアンテナ新設を完了しており,古臭く輝きの無いアンテナは我家のみと言ったような状況。  先ず,アンテナを新品取り換えをしてみようと思い付き,明治時代の東北大学電子工学教授 八木博士の,値段は張りますが,世界のヤギアンテナに地元局と三重テレビ局 2 本を取替え,同時にアナログアンテナを撤去しました。  ここでテレビのアンテナ受信レベル (各メーカー大まかな数値) を見たところ,全放送局のレベルは上がり,三重テレビはほんの一時的に,受信状態最良環境の時だけ映るようになりましたが,大半は受信不能。  次は,世界のヤギアンテナを信用して,超高性能パラスタックというアンテナ購入して現状と取替え。
 そうしたらどうでしょう。  完璧に受信でき,受信レベルは地元放送局と変わらず,もう歓喜となりました。  さらに次は,不可能を可能にしようと無謀な挑戦を試みました。  「岐阜チャンネル」に挑戦です。  岐阜局は家より 40 キロ,三重より近いのですが,電波強度によるものか,視聴エリアははるか 20 キロ先です。  とりあえず,地図で岐阜局 上加納山電波塔の位置を知り,我家との角度を確認,そして現存の中部地域型ブースターに接続し,テレビを見たところ何も変化なく映らず。  これは,地域型ブースターに岐阜テレビの物理チャンネルが設定されてないことで受信不能と判明。  ならば,岐阜局の電波を単独で捉え,地元+三重と混合してみようと,ネットワーク図を描いて,それを実行。  そうしたらビックリ,岐阜チャン受信可能となりました。  ここで問題が発生,岐阜チャンが見えても,今度は三重テレビが受信不可能に,岐阜の回路を外してみると元通り三重が視聴可能?  こうなると素人の私は,もうお手上げです。  次の手段は直接ヤギアンテナに聞いてみる,電話やメールのやり取りより,UHF の混合は非常に難しいとのこと,回答としては岐阜アンテナが三重の物理チャンネル周波数を拾って混線しているのではとの事,これは必ず 1 局の周波数ひとつの受信が基本という意味,それより,指向性が高く他の局を拾わない,パラスタックに変更とのことでした。  ここでいつものように行動せずに考えてみることにしました。  本当に岐阜へ向けているアンテナが三重放送電波を拾っているのか?  失敗しても元々,ヤギのブースターを購入し,岐阜アンテナ線にかましてみたところ,変わらず。  いろいろ試し,機器の接続を変えたり,配線の距離や太さを変えたり,幾通り,約 100 通りを試したたところ,ようやく正解が分かりました。  岐阜と三重の電波強度の違いでした。  岐阜の方が強,よって三重の電波を遮ってしまう。  岐阜の方のブースターの電波減衰スイッチ (アッテネーター) と映像調整スイッチを微調整していろいろ試し,ついに両方が映るようになりました。
 以上を行い想定外の三重テレビと岐阜チャンの視聴可能となったことは非常に喜ばしいものです。  しかし,業者さんが言った「映るかどうか分からない」ならば「私がやってやろう」と意気込んだものの,「プロ」と「趣味」の違い。  趣味ならばお金と時間さえ費やせばたいてい可能となるもの,しかし業者さんが言った言葉は,正にその通りだったのです。  今回は 100 通りくらい試し,趣味の世界であっても偶然視聴できた訳です。  趣味の世界でも,達成できない。  「電話のネットワーク同様,パソコンのそれより難しい」,パソコンは住所 (IP アドレス) さえ与えれば,つながものです。  アンテナはそうはいかない,アンテナの難しさをつくづく知り,また幸運 (視聴可能) だったことは偶然でした。  ブースターのスイッチ調整が可能な範囲だっただけで,調整不可能ならば失敗に終わった訳です。
 ちなみに,さらに無謀な事に挑みました。 専門家でも難しいと言われる「スッタク接続」です。  材料はスタック専用の混合器にアンテナ 2 本,通常 1 本のところを 2 本垂直か水平に並べ同方角へ向け,ケーブルは同質,同じ長さ,なかなか上手くいかないものです。  アンテナ間隔は計算式で λ波長=光速m/s ÷ f 周波数 例:299 792 458 ÷ 5000 00000 = 0.59958。  岐阜局に向け,ここの周波数 480 Mhzで割り 60 センチです。  しかしマスト長が足りず,BS アンテナベランダ取り付け金具を追加し,垂直とはならず,やや偏心,よって 2 本のアンテナの混合器までのケーブル長を同じでなく長さを変え試したら,テレビアンテナレベルが 40 より 44 に。  なお,ブースターをかませると 44 が 50 以上になりました。
 日本を震撼させた東日本大地震,そう震災対策は,停電による通信手段確保,情報入手,ブースター=電気使用と言うことはテレビが見えません,情報入手困難となります。  岐阜の単独回路をノートパソコンテレビに接続して 1 時間強は視聴可能,やっぱり UPS (Un interrupped Powerd System) も必要となってきます。
 最後に,今回のデジタル移行,移行の前もっての案内では「デジタル化になると CD 並みの音質になります」  これは,愚かな日本人の表現,まったくのウソで CD 以下の劣る音質,できない事を堂々と発言するその心が分からない。

左右2枚の写真は,さらに1本追加をし,岐阜局に2本同方角に向けた「スタック接続」 垂直スタックをし,マストの直径が太くBS用取付金具を利用 よって2本の片方はマスト中心から外れ偏心し,この状態で受信レベル最良調整しました ブースター上の機器はUHF-UHFスタック接続可能ミキサー(混合器)です UHFアンテナ同士の距離間隔は混信を避けるため75cm以上必要です