アンテナ                                  2003.12.8

テレビは娯楽のひとつで家族が集まる場所を提供する。
それだったらお金をかけて鮮明な画像で楽しみたい。
一般の物ではなく大型のテレビアンテナだ。
名古屋はVHFは栄という所の名古屋テレビ塔、UHFは八事という所の中京タワーが電波発信置だ。
三重テレビは確か津の方だったが。
知り合いの電気屋さんといっしょにミリ単位の方向調整をした。
巨大な台風がきてもびくともしないように設置してある。
3階の物置部屋にマンションに使われる集合住宅用の共聴システムがある。
ようするに1アンテナで多数テレビが見られるブースター(増幅器)だ。
電波をより引き込んで増幅している訳である。
テレビは3台しかないが全てきれいに見れる。もっと増やしても余裕がある。
 2003.12.1より地上デジタル放送が始まって運がいい事に我家は受信エリアだ。
必要なものは地上デジタル対応テレビや、現行テレビではD3,D4端子付きに対応チューナー、
そしてUHFのアンテナのようだ。よってブースターは使えそうだ。
地上デジタルはまだ後と考えている。

今回チョッとした発見をした。
我家のオモチャのデジカメだ。
5000円くらいので鮮明度を表す画像素子は35万しかない。しかしこれで十分だ。
考えは、デジカメで500万画像素子でも光を受けてフィルムに写す一般カメラに絶対かなわない。
ようするにデジタル、しょせん点の集まりだ。
この画像を撮る前に晴天日に撮った。なんとアンテナが写ってない!
カメラのブレ固定には自信がある。
3階の南バルコニーにステンレスタラップがあり屋上に上って撮ってやろうと思ったがやめた。
この時安いデジカメは遠くの細い物は無理と実感した。
その後撮ったのがこの画像だ。3枚の内この1枚のみアンテナがぼやけても写っていた。
曇天日でアンテナの反射が多少抑えたれたのであろう。買い替えはしないが。
出力解像度は640×480ピクセル。
ピクセルとはデジタル画像の大きさ。Picture Elementの略。日本語は「画素」。
点に加え画像の色や輝度などの情報を持つ。
なおパソコン画面の表示は1ドット3バイト使用する。
画像そのまま(圧縮なし)で保存するとbmp方式で,あなたのパソコンが1024×768だとすると
1024×768×3=2.359.296バイト必要。ペイントソフトで落書きでもして保存したファイル容量だ。   
  ちなみにデジカメには世間一般というかこんなことが書いてある。
  「対象年齢 15歳以上」
BACK   NEXT 2011.8.19 up